2006.11.5 パレット&ペーパーバックライブ

 

□■□パレット&ペーパーバックライブレポート□■□

 

11月5日仙台ヒルサイドアウトレットにて

パレット&ペーパーバックライブを行いました。

 

当日は天気も良く穏やかで「こころ」も「からだ」も

あたたかモードでのライブイベントでした。

 

今回のライブのポイントはアカペラユニット「パレット」さん

(http://web.mac.com/oritea3/)との初コラボにありました。

 

ペーパーバックの「存在」とパレットさんの「we are palette」を

一緒に演奏してみようという試みです。

 

なかなか合同での練習時間を作ることができず、

当日控え室で合わせましょうということにしていました。

 

当日は予定の10時30分集合に全員が集合!

 

早速合同練習と思いきやここはさすが本格アカペラグループのパレットさん。

発声練習が始まりました。

そしてまたこの発声練習が本格的!

これぞパレット式発声練習!?なのか。

しっかりウォーミングアップやるからこそ

本番でもあれだけの声が出るのでしょう。

圧倒されました。

こんな風に全くジャンルの違う音楽だからこそ、

そんなライブ前の準備も勉強になりました。

バンド形態のライブではあれだけしっかりウォーミングアップ

するバンドは見たことがありませんでしたから(笑)

 

まずペーパーバックの「存在」を合わせてみました。

心の底から感動しました。

これだけの厚いコーラスの中で歌うのは初めてのことでした。

パレットの皆さんも本当に心を込めて

歌ってくれているのが伝わってくるようでした。

 

残念ながら「we are palette」はしっくり来ない部分もあり

今回のライブでは見送りになりました。

 

その後メンバーみんなとアウトレットの係の方で

ステージを組み上げリハーサル。

 

リハでもやはり初コラボの「存在」を中心に音作り。

しっかりと仕上がりました。

 

そしてここでうれしいことが・・・

このリハーサルを聞いてくださっていた方から

CDを購入したい声がかかりました。

なんと本番を前にして3名の方が購入してくださいました。

きっとパレットさんのおかげ?!です。いや間違いなく(笑)。

 

リハーサルを終え控え室へ戻り恒例の「バナナ」を

パレット、ペーパーバックメンバー全員で食べ準備完了(笑)

 

そして本番へ

 

1stステージ「いきているんだもん」から2ndステージ「存在」まで

本当に集中して演奏することができました。

初コラボ「存在」もパレットさんと共に歌い切りました。

 

2ndステージでは子供達二人がステージ前で踊り出し

(まわりだしたと言う方が正確か)

ハイジャックならぬマイクジャックされそうになるハプニングも

飛び出し本当に楽しいライブでもありました。

 

対してパレットさんはすばらしいハーモニーを

次々と繰り出してくれました。

 

特に2ステージ目のThe Carpentersの名曲をカバーした

クロス・トゥー・ユーは最高でした。

パレットさんの練習量がそのままステージ現れている感じで

とてもレベルの高いステージを見せて頂いた気がします。

 

 

そしていずれまた、一緒に演奏することを約束し一日が終了したのでした。。

 

 

遠いところわざわざライブ会場まで来て頂いた皆様、

差し入れてまでしていただいた皆様、

またまた臨場感あふれる写真を撮っていただいた皆様

そして遠くから応援してくださった皆様

ヒルサイドアウトレットの関係者の皆様

このメールを最後まで読んで頂いた皆様

本当にありがとうございました。

 

このライブをしっかりまた次に良い形でつなげたいと思います。

 

 

2006.11.5 パレット&ペーパーバックライブ

セットリスト

 

1stSTAGE(13:00~)

1、生きているんだもん

2、RAIN

3、悲しいからこそ僕は今

4、生まれ来た君たちへ

5、人間

6、存在 with palette

 

2ndSTAGE(15:00~)

1、二人で歩こう

2、優しい雨

3、YAMECHIMAE

4、生まれ来た君たちへ

5、人間

6、存在 with palette

Facebook page

山崎ツトムのtweet

インディーズバンド支援サイト[音旅]