2006hillside

10月22日、仙台ヒルサイドアウトレットにて
アコースティックライブイベントに参加してきました。


当日朝はぐっと冷え込み秋真っ盛りの様相。


実は今年必ず花がらの半袖シャツを着て
ライブに臨んでいたのですが
これではちょっと見て頂くお客様に
さむーい雰囲気を与えてしまうのではと
(自分も寒くてつらいかも、が本音?!)
地味なジャケットを着込んでしまいました。

そして今回も出演者用バナナを買い込み
集合の11時にライブ会場に到着したのでした。

集合時刻に出演者がそろい
会場作り、音だし、リハと
気持ちの良い秋空の下順調に進んだのでした。

今回は自分たち出演者の音楽を知り尽くしている
マイミク「Mash」さんにPAを担当していただいたので
音響の面では安心してリハーサル、本番と
向かうことができました。



そしていよいよ本番。


まず今回自分からお誘いした
オープニングアクト佐藤美紀さん。

イベント一曲目は「異邦人」で幕を切ったのでした。
オリジナル曲も交え3曲熱唱。
張りのある声にGibsonのハミングバードが良く合って
すばらしいイベントのスタートを切ってくれました。


そして今回主催のPLINKさん。

いつもどおりの地に足が着いた落ち着いた演奏。
演奏曲も秋の装い。ギターも秋の装い。
しっとり切ない秋の世界へと運んでくれました。


そしていよいよペーパーバック

「生きているんだもん」でスタート。
声が裏返ったり、「間~違えました~」な
ハプニングもありましたが・・・
聞いていただいてくださった方々のあたたかい拍手で
なんとかラスト「人間」でまで演奏することができました。


ここからイベント2部へ突入!


女性弾き語りのcherryさん。

とってもかわいい容姿から、ぐっと大人っぽい声と英語の歌。
すぐにcherryワールドに引き込まれてしまいました。
洋風な建物の会場にとても合っていました。


そして最後はラリーさん

見たこともないカシオのカセットテープ内蔵ギターで登場!
やはりラリー船長はいつも攻めの姿勢を崩さず
常に新しいことに挑戦し続けるアーティストでした。
指が焦げるほどのスライド、秋の空まで届くチョーキング。
内蔵電池が尽きるまで弾き続けてくれました。
そしてイベントラストは名曲「運動会」。
出演者全員のフラダンスとともに
お別れの時を迎えたのでした(笑)。



お忙しいところわざわざ会場へ足を運んで頂いた方々、

一緒に出演して頂いたアーティストの方々、

会場作り音作りを手伝って頂いた方々、

ばっちり写真を撮影して頂いた方々、

仙台ヒルサイドアウトレットのイベント担当の方々、

遠く離れた所から気を送って頂いた方々(笑)



・・・ありがとうございました。



今回のライブで得たものは非常に多かったので
しっかり次回につなげます。

 

                  ペーパーバック zaki 



ペーパーバックセットリスト

1、生きているんだもん
2、存在
3、悲しいからこそ僕は今
4、生まれ来た君たちへ
5、二人で歩こう
6、人間 

Facebook page

山崎ツトムのtweet

インディーズバンド支援サイト[音旅]