円形公園にてアカペラグループのチャリーズさん、Paletteさんと

青空の下、野外ライブを行いました。

 

アカペラの方とライブをするのは始めてでした。

どんなライブになるのかとちょっとの不安はあったものの、

ほとんどは期待感で一杯でした。

当日は、はやる気持ちを抑えきれずの集合時刻40分前に到着。

一番乗りか~。

そこでやはりバナナを食べ、心を落ち着け本番に向けて準備を整えました。

 

集合時刻近くになるとちらほらメンバーさんも登場。

軽く挨拶を交わすと、Paletteオリさん登場。

ほとんどの音響機材がオリさんの車に積んであったため

手分けして運び出し作業。その荷物の中に巨大発電機が・・・

(今まで持った物の中で一番重かったかも、とにかくすごく重い!)

こんな重い物どうやって車に積んだのかと考えながら、

男4人でやっと車から降ろせました。

 

そんなこんなでみんなで音響機材セッティング&ステージ作り。

これも自主ライブの醍醐味です。

緊張感と期待感、自分はこの瞬間が結構好きです。

 

簡単なリハーサルを終え、いざ本番。

ペーパーバックはトップバッターとして登場。

最近のライブではだいたい一曲目に歌っている「いきているんだもん」でスタート。

天気の良さも手伝ってあったかライブになりました。

最後は会場の方々と共に歌う「人間」で第一部が終了しました。

 

その後チャリーズの登場。

チャリーズさんはかわいい感じあり、スポ根あり

多彩な歌で魅了してくれました。

特にラストの「アタックNo.1のテーマ」にはビックリさせられ

笑わされ、そして感動のステージでした。

 

そしてPalette登場!

Paletteさんはリズム感、楽曲アレンジのすばらしさ

もさることながらハーモニーのすばらしさに尽きました。

特にアース・ウインド & ファイアーのメドレーは

圧巻でした。

音数の非常に多いものを4人の声だけで表現してしまうのですから・・・

 

そしてそれぞれ2ステージ目に突入したわけです。

どのバンドも2ステージ目の方が地に足が着いた演奏ができていたような気も・・・

 

そしてこの日はすべてのステージが終了するまで太陽はしっかりステージを照らし続けてくれたのでした。 

心から感謝の気持ちでいっぱいです。

お忙しい所わざわざ足を運んで頂いた方々、

遠いところから応援して頂いた方々、

お花まで用意して頂いた方々、

Palette、チャリーズのメンバーの方々、

その他、このイベントに関わって頂いた方々、

最後までステージを照らしてくれたお日様、

ありがとうございました。

Facebook page

山崎ツトムのtweet

インディーズバンド支援サイト[音旅]